山口社会保険労務士法人

コミュニティ・ベースト部門優良賞
企業概要
事業内容 サービス業
所在地 〒619-0223 京都府木津川市相楽台7丁目14-6
代表者 山口 豊博
URL 山口社会保険労務士法人
受賞のポイント
講評
支援テーマ:事業拡大に向けIT化による生産性向上、効果的なPR
平成30年3月に知恵の経営報告書の認証を受けられ、事業の拡大や新たな雇用に対応した生産性の向上に取組まれました。ローカルベンチマークに取組むことでサービス提供における業務フローを作成され、その中で発見された課題解決のためにWEB上で管理できるソフトを導入されました。事務所や外出先、自宅でも作業ができる環境が実現し、大幅な効率化を達成することができました。IT活用としてホームページの有効利用(SEO対策やアクセス分析)にも取り組まれ、商工会の伴走支援を活用しながら集客力の向上を図られています。今後も地域の企業経営者にとってなくてはならない法人となられることを期待します。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
平成15年 京都府相楽郡木津町(現木津川市)にて社会保険労務士事務所として開業してきたが、平成25年ごろより、社労士業界に於いて、IT化の流れがどんどん加速し、以前まで手作業、紙媒体で行っていた手続き業務も電子化されつつあった。当事務所としても行政への電子申請や生産性向上に於ける帳簿等の電子化が急務であると思われた。更に、後継者承継という課題も同時期に生じ、知恵の経営の取得を目指すことで、一度、開業当初からの業務の洗い出しを行いつつ、将来的な事業計画を鮮明にすることで、電子化促進及び後継者の承継という課題を解決したいと考えた。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
平成30年において、「知恵の経営」実施モデル企業として、京都府知事認証を頂けたが、認証までには、約半年間、知恵の経営報告書(知的資産経営報告書)作成に費やした。この間、仕事の兼ね合い等から、「知恵の経営」の申請を途中で断念しそうになった時期も何度かあった。
多岐に亘る顧客管理の煩雑さや社労士業務としての行政への各種書類提出事務の省力化及び効率化の必要性 並びにマイナンバー等を含めたデータ管理に於けるセキュリティの強化、事務業務でのペーパーレス化の推進など課題が山積していた。これらの優先順位をつけつつ、且つ拡大戦略を構築すべく、適正な人件比率に基づいた人材育成、人材確保を如何に図るべきかなど将来設計に苦慮した。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
目標達成に向けた戦略の方向性を導き出すクロスSWOT分析やKPI(key performance indicator) 「重要業績評価指標」を行うことで、事業目標を実現・達成する為の具体的なプロセスや進捗状況を把握し改善することが出来たことは、貴重な経験でもあり、且つ目標の達成に向かってプロセスが適切に実行できるという確信に繋がった点は今後の事業展開に於いて非常に有意義であった。また、当事務所の羅針盤の如き、将来経営を計数に基づいた科学的根拠による経営革新計画を作り上げたことは、今後を見据えた利益率向上での成果が多いに期待できる。
これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
経営の知恵・経営革新計画等の取得は、独りよがりでなく、第三者からの専門的なアドバイスを頂ける大変貴重な機会です。これを機に経営全般に関する現実的で実現可能性のある目標を設定することで、過去の売上げや経費などの既存の数値とを比較し、改善点を分析した上で客観的で論理的な目標数字を設定することにより、課題が色々と見えてくるものです。
これらの課題解決に向けて、自社の過去の分析および将来的な目標設定を行う事の意義は十分にあるものと確信いたします。将来の事業展開を積極的にお考えの経営者の方々は、是非とも知恵の経営・経営革新計画等にチャレンジしてみては如何でしょうか。