エス.ラボ株式会社

ノベーティブ部門 最優秀賞
エス.ラボ株式会社
企業概要
事業内容 ・小型工作機の製造・販売
・小型プラスチック成形機の製造・販売
・小型工作機の製造・販売
所在地 〒612-8371 京都府京都市伏見区竹田松林町74
代表者 柚山 精一
URL エス.ラボ株式会社
受賞のポイント
講評
支援テーマ:ペレット式3Dプリンターの改良と販売網の構築
同社は平成28年8月に「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の補助金の交付決定を受け、ペレット式3Dプリンターの開発に着手されました。同社の開発した3Dプリンターにより、従来方式では困難な材料や最終製品と同材料での造形、造形容積に限りがない連続造形、高吐出量などのニーズに対応することが可能となりました。今回の支援事業では、ペレットの各材料に適合した造形制御ソフトの開発、造形スピードと高精度を両立させるヘッドの開発、3Dプリンターの造形物の優位性を検証する装置・ソフトの開発、それらを担う人材の確保に取組まれました。開発が命を指針として自社開発商品にこだわり、必要な技術は貪欲に取り込んでいく強い企業体質が評価され、イノベーティブ企業 最優秀賞を受賞されました。3Dプリンターの用途は医療、建築、自動車等期待される分野が多く、地道な開発と市場開拓による事業の成長発展を期待します。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
販売に関して、営業活動が出来ておらず、現状では展示会や、口コミなどが中心で、広域・効率的なネットやメディアを用い販路拡大を行う事が課題と考えている。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
事業計画作成等に関し商工会の支援をいただき特に苦労した点は無かったが、取組を行っていく中で、当社の3Dプリンターペレット機の開発にあたり、本体が完成してから、テスト稼働により材料ペレットを使用すると樹脂それぞれの特性を持っており、満足のいく完成度でなく、特性に合った条件を出し出来るソフトの開発でより精度を高めていくことが必要でそこに大きな苦労があると感じた。簡単に言うと、販路拡大を行う上で満足のいく製品制作が苦労した点だと思われる。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
今までと違った分野のお客様とのつながりが増えた。
今まで、聞けなかった分野のお客様のお困りごとが聞けるようになった。また、新たな分野の開発が出来るようになった。
これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
新たな分野へのチャレンジが出来ます。