人見石工

オンリーワン部門 優良賞
人見石工
企業概要
事業内容 石積み専門 一般石材、造園石積、玉石積、設計、施工
所在地 〒601-0262 京都市右京区京北細野町風ヶ鼻9-9乙合地
代表者 人見 真一朗
URL 人見石工
受賞のポイント
講評
支援テーマ:知恵の経営のリメイク
平成27年8月に京都府認証「知恵の経営」実践モデル企業に認証され、今回はそのリメイク(更新)の取組みにおいて顕彰事業の支援を活用されました。1人前まで10年かかるといわれる業界において、知恵の経営報告書を作成する意義は、その技術・技能を体系的に整理するとともにその伝承を円滑に進めることを可能にするものといえます。自然石を活用し、安心安全で且つ美観に優れた石積みができる同社の技術の認知度を高めるため、知恵の経営のリメイクは効果的であるといえます。そのことにより、事業の発展とともに事業の承継を円滑に進めることが可能となります。自然石の石積み技術「こぶ積み」は同社の独自技術であり、他社に提供できないサービスであるということが評価され、オンリーワン企業優良賞を受賞されました。京都という文化財が多く、また観光地としてにぎわう地域の中で自社技術を効果的にアピールすることで、石積み業界の中でオンリーワンの価値を高められることを期待します。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
知恵の経営報告書を作成するまで、3年後、5年後のことを考えて行動することはほとんどなく、こちらから営業をして仕事を取ることもしてきませんでした。また自社の強みについてなんとなくわかっていながらも、それをどう表現すればよいのかがわからずにいました。相対的に強いのか弱いのかもよくわからず、「これがあるから強いのです」と言いきることができなかったこともあり、高い技術力がありながらも認知度が低くブランド力が弱いと感じていました。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
仕事の受注について、いかに文化財などの仕事に参入するかにより利益確保が左右されるのはわかっていましたが、技術部分を価格転嫁するために自社の強みを自身が理解し、それを言葉で伝えることがむずかしく、どうすればお客様に他社と比較して選んでもらえるのかを具体化することに苦労しました。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
強みについてなんとなくわかっていた状況から、はっきりすることができました。自分自身、目標を立て具体化された計画に沿って進めていけることで、常に目標を意識して、それを中心に何事にも意識的に取り組むようになりました。最も大切にしたい仕事が見えたことで、自分のお客様が誰かが明確になり、そのお客様に喜んでもらえる仕事ができるのは自分だと言えるようになったと思います。そういったお客様とよりいっそう信頼関係が築けることが期待できます。
これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
自社の今置かれている状況を、良い面においても悪い面においても、細かく理解することができるため、自分自身のことや自分の考えていることに改めて気づくことができます。事業計画作成の中でキーワードやヒントが出てくるので、それを参考にどう進むのか。それに対して今何をすべきかが具体化され、今後の道標となります。商工会経営支援員や経営コンサルティングの先生方に的確なアドバイスをいただくことができ、今後の経営に大いに役立てることができると思います。