株式会社アグロス・カワモト

オンリーワン部門 優良賞
株式会社アグロス・カワモト
企業概要
事業内容 農業資材・園芸資材の販売・野菜苗・花苗の生産直売・ガーデンシッター(お庭、花壇などの管理サービス)
所在地 〒619-0202 京都府木津川市山城町平尾三所塚27番地
代表者 河本 英樹
URL 株式会社アグロス・カワモト
受賞のポイント
講評
支援テーマ:事業承継を軌道にのせ、今後の事業発展、継続させる
平成29年8月に現会長の次男の河本英樹氏に代表取締役社長を引き継ぐ段階で、京都府の「知恵の経営」実践モデル企業認証の更新(2回目)制度を活用され、自社の強みを認識し、外部環境に対応すべく新たな事業計画を定められました。作成された事業計画では、従来の種苗の生産・販売事業、農家向け肥料販売事業に加え、新たにガーデンシッター事業を柱にすることで、事業発展の可能性を高めています。また、商工会の経営支援員の伴走支援を活用する中で、小規模事業者持続化補助金を活用して貸農園事業も立ち上げることができました。知恵の経営報告書の作成(更新)は、「当初の予想とは異なり、難しかった」と発表された新社長の言葉が、その真剣さを物語っていました。今回の支援を通じて、新社長の業務内容、兄弟2人の役割分担と今後の組織デザインなどが明確になったようです。また、従業員にも新たな体制、事業構想を周知することができ、方針、ビジョンの共有が効果的に行われています。同社が展開する3つの事業が複合的に効果を引き出すこと、兄弟3人によるチーム経営という視点においてオンリーワン企業、優良賞の受賞となりました。新事業に挑戦し、地域のニーズに的確に応えることによる事業の成長発展を期待します。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
平成29年8月に代表取締役社長だった父から、兄弟3人が代表取締役として引き継ぎし、その中で次男の私が社長に就任したものの、これからの会社の方向性について、兄弟3人の中で共有できていませんでした。特に、新たに始めたガーデンシッターサービス事業(ガーデン管理サービス)は、役割分担や営業の仕方、価格面など様々な部分が不明確でした。2店舗の運営も含めて、全体での人材不足をどう改善していくべきかを悩んでいました。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
1回目の知恵の経営報告書の作成・認証は、先代の代表取締役社長だった父がまとめたもので、今回はその内容を踏まえて、再度熟読し、新社長になった私の考えを加えて再構成していくことが大変でした。
 普段、頭の中では色々と考えていても、文章にまとめるということに時間をかけることが少ないので、あらためて書き出す作業の難しさを痛感させられました。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
新社長として知恵の経営報告書をまとめることにより、これから自分が会社をどのようにしていきたいのかを明確にでき、目標を確立することができました。
 また、代表取締役である他の兄弟2人、従業員が新社長の考えや方向性を知恵の経営報告書によって確認できることや兄弟間では改めて説明しづらいことも文章化したことで具体的に考えている内容を示すことができた点が良かったです。
これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
文章にまとめることにより、自分の会社の現状、強み、弱みを再認識し、これからの自社の方向性を考える良い機会になります。
 そして、より一層、責任感が生まれます。
大変ですが、大きな成果が結果として出てくるように思います。