御生菓子司 ふたば

優良価値創造賞
御生菓子司 ふたば

企業概要
事業内容 和菓子の製造販売
所在地 〒619-0240 京都府相楽郡精華町祝園西1丁目40-4
URL 御生菓子司 ふたば
受賞のポイント
講評
発表テーマ:知恵の経営に記載した事業戦略を実現するための行動計画
 平成26度作成の知恵の経営報告書の将来事業戦略を具体的な行動に落とし込み、成果を探求する取り組みであり、設定された目標を達成されています。創意工夫に満ちた市場・顧客への情報発信を「ニュースレター」を通じて行い、自店の“こだわり”、“知恵”を効果的に伝えられました。価格ではなく価値を訴求する、今回の受賞テーマである有料価値創造賞に相応しい取り組みでした。
 店舗レイアウトも一新するとともに、新商品の開発、イベントの開催を行い、「顧客コミュニティ創造で和菓子を販売する」という自店のビジネスモデルが確立される段階にあります。自店の成り立ちを伝え、手作り和菓子のこだわりを丁寧に伝え、その考え方に共感して来店される顧客は、その価値に魅力を感じファンになっています。
 知恵の経営報告書による事業戦略の具体化、成果目標の達成を通じて、新たな課題や気づきも出てきており、経営革新計画の策定を通じた環境分析や数値計画、人材育成など、新たな取り組みも始められています。今回の優良価値創造賞の取り組みの成果を活かして、企業家としての事業の成長を志向されることを期待します。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
・今までいい商品を作る事ばかり考えていたため、売り上げが伸び悩んでいましたが、具体的にどのようにすればいいのかが考えられていませんでした。
同時に、職人から経営者に意識を変えなければならないという思いは強くもっていました。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
・先ず当店の強みを確認することをしました。お客様がなぜ当店を選んでいるのかを考えたのですが、「おいしさ」という言葉でしか説明できませんでした。この「おいしさ」を説明することが非常に難しくとても悩みました。
・強みを理解したあと、書き出す(アウトプット)の作業もなかなかできませんでした。
・経営をしながら考えているが、なかなか思った様にはいかない
これらの事を1つ1つ考え、行動し、振り返る、この一連の動きをすることに苦労しました。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
・うまく行かないときに、この報告書を見直し、振り返る事ができる点が良かったです。それと、パートナーである従業員(パート)に説明し理解して行動してもらえる様になった事で、接客もスムーズに出来るようになりました。
更にお客様に強み(当店の魅力や特徴、想い)を伝える為、ニュースレターを発行しました。和菓子を通じてお客様とのコミュニティづくりを目指したもので、少しずつですが出来てきたと感じています。

 

これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
・これから経営をしていくうえで、自社の強み(知的資産)を知ることは必ず必要だと思います。知恵の経営を取得したからと言って売り上げがすぐに数十倍伸びるとは限りません。しかし、先を見据えた経営、長く根強い会社(お店)作りにつながることは間違いないと思います。
この知恵の経営を本気で考える機会としてお勧めします。