株式会社森忠建設造園

優良経営革新賞
株式会社森忠建設造園
企業概要
事業内容 建築業 1.外構工事一式(エクステリア他)2.造園工事一式(和洋庭園) 3.ガーデニング工事一式 4.公園・植栽工事一式 5.屋上緑化工事一式 6.土木・解体工事一式
所在地 〒619-0243京都府相楽郡精華町南稲八妻蔭山33番地
代表者 代表取締役 森本 真一郎
URL 株式会社森忠建設造園
受賞のポイント
講評
発表テーマ:コンセプトスペース(打ち合わせスペース)の設置と飲食事業の展開
昨年度は、知恵の経営報告書を通じた円滑な事業承継の取組みにより、「優良事業承継賞」を受賞されています。今回の発表においても、知恵の経営報告書の更新で新たに取り組むこととなったコンセプトスペースの創設による顧客価値の向上がテーマとなっています。このテーマは、建設業からサービス業への業態転換を図るものであり、「新たな役務の提供の方式の導入」となり経営革新計画の認定の対象となる取組みになります。経営革新のテーマとして、「上流層の顧客獲得と工事単価の向上を目指したコンセプトスペースの創設による心とくらしの豊かさの提供」を目標とされています。造園業からサービス業への転換、それによる顧客サービスの向上、付加価値や利益率の向上など、円滑な事業承継後の経営革新として、新たな成長・発展が期待される取組みです。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
2010年に初版であります知恵の経営報告書を作成させて頂き、当時の課題にスムーズに取り組むことが出来ました。その結果、記載内容の予定よりスピーディーに進めることが出来、一定の成果を上げる事が出来ました。しかし、実際に取り組んだ中で大きな課題の一つでありました事業承継を終えると、新たなる問題が浮き彫りになり、今一度当社スタッフ同志は元より、会社全体としてのベクトル合わせが必要であると感じ後継版を作成するに至りました。また、目指すべき方向はある程度打ち出していましたが、実際の行動計画までは不十分でありましたので、活動にスピード感が無く少し失速気味にも思えていました。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
初版は専務という立場で自社について考え、課題点や伸ばすべき強みを掘り下げ作成しました。今回の後継版は名実ともに森忠のトップとして取り組み、チーム森忠としてベクトルを合わせる為にも、明確な短期・中期・長期ビジョンを掲げる必要があると考え、一定の方向性を示しました。実際の行動計画を描きつつ近隣の同業者の動向を調べるなど、当社の強みを活かしてお客様に提供出来る事は何か。またお客様のニーズはこの先どのように変わっていくのかなど、スタッフ一丸となって考えそれぞれの案を出し合いました。やはり、実際の行動をカラーでイメージすればするほど人材確保・教育そして組織強化が大きな課題点と気付きました。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
自社の更なる掘り下げに繋がり、課題や伸ばすべき点が明確に出来ました。そして、当社スタッフはもちろん協力業者共にベクトルの合わせる一つのツール作成が出来、ビジョン発表会や勉強会で活用しています。また、目標達成の為の行動計画をある一定示したことにより、次のステップの取り組みに繋がりました。
そして何より夢や希望を活字にし、発信し続ける事で、周りを巻き込む事が出来現実に動き出しました。
これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
前回も申しましたが、知恵の経営を取得する為に行う行動が、自社はもちろん自分自身の振り返りに繋がり、ブレナイ経営が出来ると思います。是非自分・自社・社員・協力者などとコミュニケーションをしっかり図り、強みはもちろん課題点や伸ばすべき方向を掘り下げて下さい。