株式会社ムラタ瓦

優良マネジメント賞
株式会社ムラタ瓦
企業概要
事業内容 社寺・一般住宅の瓦葺き施工
所在地 〒622-0032 京都府南丹市園部町高屋妙見10
代表者 代表取締役 村田良智
URL 株式会社ムラタ瓦
受賞のポイント
講評
知恵の経営報告書作成を初版、更新版と取り組むことにより、自社の強み、125年の歴史の次の100年を見据えた将来事業戦略を明確にすることができたと思われます。特に、更新版では、「知恵を生み出すマネジメント」として人材育成、業務プロセスにおける価値連鎖、信頼のネットワーク形成など多面的に整理し、体系化されています。財務的な指標も織り込み、売上高、利益率、受注率、資産等回転期間など的確なKPIを設定されています。これら一連の取り組みは、貴社の真摯なマネジメント活動を体現するものであり、その姿勢は多くの中小企業の範となるものです。
知恵の経営報告書をマネジメントツールとして活用することで知恵を従業員に伝承し、またコミュニケーションツールとして顧客との信頼関係を築かれ、五方善による経営成果を上げ続けられることを期待します。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
自社が保有する技術の伝承、日本の和瓦を守っていく為に次代の瓦葺き師を育てることへの不安がある。
瓦業界全体の落ち込みが懸念される中で、自社が外部環境の変化にどう対応していくか、明確な経営の方向性を示したい。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
知恵の経営報告書の作成は2回目(更新版)であったため、前回との違いやその後の取り組み内容を明確にして盛り込むこと、特に従業員(内部)へ向けて見せることを意識して作り込むことに苦労した。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
自分自身も意識していなかった当たり前の行動の中に、自社の知恵・工夫を多く発見することが出来た。
会社の永続を目指すという自社の経営方針・方向性とともに、人財育成など今後も取り組むべき課題が明確になった。
今回の取り組みを通じて、人的資産を組織資産化する取り組みの必要性を感じたため、社長から従業員への伝承ツールとして今回の報告書を活用する。
これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
私自身、自社の強みと弱みを見つめ直す良い機会になりました。
今回は更新ということもあり、多くの気づきの中から自社の進むべき方向性への確信とこれから行うべきことが具現化しました。
知恵の経営や経営革新への取り組みの中で、自社のこれからのことを考える時間を無理にでもつくってみて下さい!