株式会社森忠建設造園

優良事業承継賞
株式会社森忠建設造園
企業概要
事業内容 建築業 1.外構工事一式(エクステリア他)2.造園工事一式(和洋庭園) 3.ガーデニング工事一式 4.公園・植栽工事一式 5.屋上緑化工事一式 6.土木・解体工事一式
所在地 〒619-0243京都府相楽郡精華町南稲八妻蔭山33番地
代表者 代表取締役 森本 真一郎
URL 株式会社森忠建設造園
受賞のポイント
講評
平成22年の初版の知恵の経営報告書、今回の支援で取り組んでいる更新版の知恵の経営報告書を通じて、新社長への事業承継が系統的に円滑に行われ、経営成果も計画通りに達成されています。また、更新版の知恵の経営報告書では、中期経営計画との連動を図り、あらたな事業発展のバイブルともなり得る内容を志向されています。初版では自社の強みを体系化し掘り下げ、更新版ではそれを更に磨き上げ、組織体制も含めて刷新し、業績目標も挑戦的な数値を設定されています。これも、新社長の機動力を活かしたものであり、全社員を営業マンとして育成すること、海外展開の可能性の検討など、多様な視点から経営革新の方向性を探っておられます。学習する組織づくり、ビジョンによる経営による新たな事業領域での成長発展を期待します。

企業からのコメント

知恵の経営・経営革新計画を取得される前に抱えていた課題、悩み
自社の成り立ちや起業した時の思い等、口伝えには知っていましたが、社員全員で共有出来る資料等が全くなく意志の疎通や思いの統一に不安を感じていた。また、自社の強みはどこか?何が得意か?また弱みや伸ばしていく必要がある課題は何かが明確では無かった。
今後目指していく目標や、目指す目的など、方向性にブレがあった。
事業承継を行うに当たって、どうすればスムーズにかつ効果的に引き継いでいけるかが不安でした。
知恵の経営・経営革新計画取得の際に苦労したこと
自社の情報収集に大変苦労しました。
今まで残してきた資料もほとんど無く、先代に聞いても確実な回答はもちろん無く、浅い歴史でもひも解くのに大変時間と労力を費やしました。また先代はガムシャラに頑張ってこられた結果、先を見据えた計画を立てて無く、目指すべき方向の確認や決定に苦労しました。
そして何気ない日頃の業務を数値化したり、顧客やお得意様の情報等も数字に表す難しさは良い経験になりました。
私自身、文書を書いたり、思いを活字にするのも大変苦手で、資料作成に苦労しました。
知恵の経営・経営革新計画を取得してよかったこと、変化したこと
きっかけは自分自身の会社の事をしっかり把握して事業承継を行うことが、当社の成り立ちや今後の会社運営に必ず必要だと思い取得することにしました。結果無事に認証が得られましたが、取得するにあたっての調べものや、話し合い、また原点に返っての考え方などが出来、大きな価値に繋がりました。
私も先代もそうですが、やはり社員全員が会社の進むべき方向の共有が出来たことが大きかったです。また、5年・10年先を見据えた計画も立てるきっかけになり、一日一日をこなす作業に追われるだけでなく、計画性をもった会社運営の必要性を痛感いたしました。
これから知恵の経営・経営革新計画を取得される方へのメッセージ
まず、なぜ取得するのか、取得したいのかをしっかり明確にし、そして取得することに着目をするのではなく、取得するまでの過程をしっかり行い、取得後に活用していくことが大事だと思います。私は事業承継が一番の大きな目的で取得に取り掛かりましたが、自社を知ることによって、よりスムーズに承継が出来ましたし、その後、社員に当社の思いを共有するツールといても活用できました。